要件定義の進め方

システム開発の大炎上を防ぐために、上流工程(前工程)に位置する「要件定義」について、考えていくブログです。

要件定義書の作り方
PDCAサイクルではなく、PDCサイクルを回そう
あるべきV字モデルについて整理した
スコープを決めてから、QCDの議論をしよう

受入テスト設計書(受入テスト仕様書)の作り方

req-definer.com 上記の手順に従って要件定義をしたら、その要件通りに動作するのかどうかを確認する必要がある。この動作確認行為は、通常、受入テストと呼ばれる。実現されたシステムが、受け入れ可能なシステムかどうかをテストするというわけだ。本稿で…

要件定義における要件とは何か?要件が要件たりうるための3要素と要件の種類

要件とは何か 良い要件とはどのようなものか 良い要件①:文体が、命令形になっている 良い要件②:文の内容が、読み手にとって理解できるものになっている 良い要件③:具体的である(設計側との合意ができている場合は、抽象的な表現も許容される) 要件の種類 …

要件定義後の見積作業の進め方(RFI、RFP、RFQの使いわけ)

見積もり用語3点セット(RFI、RFP、RFQ) RFI RFP RFQ 見積もりの流れ 見積もりプロセス概要 見積もりにおけるポイント 1点目:要件を明確化する 2点目:複数の業者に見積もりを依頼する 見積もりにおいて注意すべきこと 要件の変更に備える ベンダの見積もり…

要件定義は誰がやるべきか?誰の責務か?要件定義パターンとメリデメ考察

要件定義を誰がやるのか問題 要件定義は、顧客側/ベンダ側で実力のある者がやるべき 大切なのは、顧客側/ベンダ側双方の認識合わせ 追記:要件定義のパターン分類とメリットデメリット考察 パターン①:発注側自身で要件定義する パターン②:ITコンサルタント…

IPAの非機能要求グレードの小項目を理解する(No9/119:ネットワーク)

[A.2.4]可用性>耐障害性>ネットワーク [A.2.4]可用性>耐障害性>ネットワーク 今回は、耐障害性(ネットワーク)について紹介する。耐障害性(ネットワーク)とは、ネットワークがどのくらい障害(例:通信障害)に耐えられるのかを示す度合いのことを指す。 サ…